物流・輸送の専門紙、輸送新聞はこれからも輸送産業の発展に貢献してまいります。

文字サイズ

2023年12月4日付 2959号

「北海道新幹線札幌延伸時の鉄道物流のあり方」で検討会議を設置  課題解決方策などを整理 国交省・北海道

 国土交通省と北海道は、北海道新幹線の札幌延伸に伴って生じる函館線函館~長万部間(海線)の鉄道貨物輸送に関する諸課題解決に向けた検討を行うため「北海道新幹線札幌延伸に伴う鉄道物流のあり方に関する有識者検討会議」を設置、11月27日に札幌市内で初会合を開き、学識経験者や経済団体などの関係者、JR貨物・北海道の担当者らによる検討を開始した。

 北海道新幹線の札幌延伸に伴って生じる鉄道貨物輸送の諸課題については、2022年11月に国交省、北海道、JR貨物、JR北海道の関係4者の実務者レベルからなる「情報連絡会」を設置し、23年7月には海線の維持により貨物鉄道機能を確保する方向性が妥当であるとの方向性が示される一方、解決すべき課題が多岐にわたることなどから、さまざまな関係者から意見を聞くとともに、有識者を含めた慎重な検討の必要があるとされた。

記事全文は電子版から。

戻る

アパレルの資源循環プラットフォーム 実証経て1日から本格稼働 センコーGHD 

 センコーグループホールディングスは8月から3ヵ月間にわたり実施した、アパレル各社と協働し動静脈一体物流を活用して効率的に廃プラスチックを回収し再生する「資源循環プラットフォーム」実証事業で、採算性が確保できることが確認できたことを踏まえ、1日から本格稼働させた。

 物流拠点や各店舗で発生するハンガーカバーの廃プラスチック「PE」をマテリアルリサイクルするためには、薄く広く分散した廃棄物を効率的に回収することが必要不可欠で、そのために企業の枠を超えた横断的な仕組みを構築することを目的に実証事業を実施していた。

 センコー商事が中心となり、アパレルの納品物流業務を担う東京納品代行とアクロストランスポートの輸送網を活用し、回収プラスチックの資源化にテラレムグループ、資源化されたチップを流通にのせる役割を豊通ケミプラス、資源化された樹脂からフィルムを製造し再生品化する工程をナクシスが担当。

 関連法規に準拠し廃棄物を資源として管理し、静脈サプライチェーンを有効活用しながら、東京納品代行とアクロストランスポートの車両を利用し、アパレル各社に商品を納品した際に物流倉庫・店舗等から排出されるプラスチックを分別してPEを回収し、テラレムのマテリアルリサイクル施設にて樹脂ペレットとして原料化。樹脂ペレットは豊通ケミプラスの流通にのせ、ナクシスに販売され、元のハンガーカバーに再生され商流にのせられることを確認した。この実証事業で事業として採算性の観点からも持続可能であることが確認され、オンワード樫山、三陽商会、シップスの協力を得て本格的に事業化した。

 今後、個社では実現が難しい廃棄物の資源循環を、業界や企業の垣根を超えたあらゆる企業が相乗りして取り組むプロジェクト「CicroMate(サイクロメイト)」として、多くのアパレル企業やブランドの参加を募り、資源循環プラットフォームとして社会に定着させていき、サーキュラーエコノミーの一翼を担う活動を行っていく考え。

戻る