物流・輸送の専門紙、輸送新聞はこれからも輸送産業の発展に貢献してまいります。

文字サイズ

今週掲載トピック一覧

  • ☆物流応援歌(3)『宅配危機を考える((1)再配達問題)』
    ☆ウォッチ(85) 『サプライチェーンの視点から見る中国の18年物流施策』

  • ☆日本通運神戸支店、西播磨に飲料関係の保管・流通加工等に適した機能・構造を持つ新センター竣工
    ☆通運連盟が通常総会開催、新理事長に川勝氏選任
    ☆日倉協が通常総会開催、新会長に松井三菱倉庫会長
    ☆交通労連が中央委と政策討論集会開催、さらなる時短追求へ適正運賃収受求める
    ☆日本経団連18年度事業方針、スマートロジの推進など物流分野への期待示す
    ☆JIFFAが通常総会開催、18年度最重要事項に教育・研修海外調査
    ☆全通連が全国大会開く、JR貨物と連携して鉄道貨物運送発展へ
    ☆日貨協連が総会・全国大会開く、吉野体制2年目に
    ☆カンダHDが会社説明会、今秋に越境EC新サービス「ペガサスマイチョイス」発売
    ☆JR貨物田村社長が在任中振り返る、印象深かったことは鉄道事業の黒字化
    ☆YFC・ヤマト運輸が「クロネコペイ」発売、ネット通販利用時のカード情報入力不要に
    ☆佐川急便、愛知県と産業振興など含む7項目の包括連携協定を締結
    ☆国交省・環境省、中小事業者対象に低炭素ディーゼルトラック導入補助の公募開始
    ☆アート、引越大手で初の楽天ペイ導入
    ☆JR貨物の18年度広報キャンペーン、8イベントに出展へ
    ☆SBS即配サポート、水銀使用品廃棄物の破砕機設置で適正処理が可能に
    ☆日野自動車、ドライバー不足などの課題解決に向けて新会社「Next Logistics Japan」設立

今週のユソー編集室

  • ▼国土交通省は、自動車運送事業での「ホワイト経営の見える化」に向けた認証制度創設の検討をスタートさせた。
    ▼「ホワイト経営」の意味するところは、「ブラック企業」の対義であるから、あらためてそれを「見える化」しなければならないところに業界の実情が透けるようで悲しい。
    ▼改善基準告示を無視した長時間労働や貨物自動車運送事業法に沿わない輸送の実態が半ば「定着」しているかのように言われることもある業界だけに、当たり前の決まり事を守っていることがアドバンテージになるというのは笑い話に近い。
    ▼評価制度がまずは「当たり前」を定着させた上で、新たな取り組みの契機となることを期待する。