物流・輸送の専門紙、輸送新聞はこれからも輸送産業の発展に貢献してまいります。

文字サイズ

新型コロナウイルスへの対応について
新型コロナウイルスに関する緊急事態宣言の解除に伴い、当社では6月1日付から新聞発行体制を復旧します。なお、一部業務体制の縮小を継続しておりますので、読者並びにお問い合わせの方々には、引き続きご迷惑をおかけしてしまいますが、何卒よろしくご了承のほどお願い申し上げます。

注目の動画記事

今週掲載トピック一覧

  • ☆特集・トラックの安全環境対策
     各団体の助成措置
      国土交通省
      全日本トラック協会
      東京都トラック協会
      埼玉県トラック協会
      神奈川県トラック協会
      千葉県トラック協会
      環境優良車普及機構(LEVO)
     各社注目の安全機器
      ユピテル
      矢崎エナジーシステム
      データ・テック

  • ☆ヤマトHDがヤマト港南ビル内に歴史館をオープン、100周年記念し
    ☆日中韓物流大臣会合で共同声明を採択、新型コロナウイルスへの対応で連携強化を確認
    ☆国交省・経産省がグリーン物流パートナーシップ優良事業の公募開始、8月25日まで
    ☆国交省、宅配便の再配達率が新型コロナで大幅減
    ☆センコーが通販・ドラッグストアの物流事業拡大へ向け立川物流センターを開設
    ☆JMTが通常総会で秋山社長らを再任、ダイナベースなど好調で増収増益
    ☆日通商事が北海道2ヵ所に風力発電所を建設
    ☆JPR、ウェブシステム連携でパレット情報管理とバース予約が同時に
    ☆東京都が20年度貨物輸送評価制度取り組み事業者発表、2社増の346社で最優秀は7社
    ☆RSAが20年度定時会員総会開く、防災備蓄システム構築へ

今週のユソー編集室

  • ▼新型コロナによるステイホームで「Uber Eats」に代表される出前サービスが、にわかに脚光を浴びている。と同時に、そのあまりにもお粗末な安全教育体制が、やり玉にあがり始めた。
    ▼公道の交通秩序は、そのままトラック運送事業者の安全に直結する。事業者が安全教育を徹底しても、こうした無責任な企業があるようでは、努力が水の泡になりかねない。
    ▼6月30日に改正道交法が施行され、自転車のあおり運転も摘発対象の危険行為となったが、実効性はどれほどあるのか。安全教育にはコストがかかるが、それを理由に教育を怠る事業者があるなら、やはり速やかに市場から退出してもらうしかない。