物流・輸送の専門紙、輸送新聞はこれからも輸送産業の発展に貢献してまいります。

文字サイズ

今週掲載トピック一覧

  • ☆物流応援歌(1)『東京港混雑問題(東京オリパラは…?)』
    ☆アベノミクス物流にとって「吉」か「凶」か(99) 『黒田バズーカーは不発だったのか(その1)』
    ☆四文字 『赤帽という「急便事業」』
    ☆人物ウィークリー、全日通労働組合・山田昌敏中央副執行委員長

  • ☆日通がインドネシアでハラール認証、マレーシア・日本に続く取得
    ☆センコーが静岡県に東富士PDセンター新設
    ☆全ト協が7月2~13日にGマーク制度の申請受け付け、ネット申請書作成システムの運用開始
    ☆LEVOなど3者、6月から東京~大阪間で大型LNGトラックの走行試験開始
    ☆ヤマト運輸が大分交通・大分航空ターミナルと連携して「客貨混載」開始、全国初の観光支援型
    ☆福山通運がキタザワと資本・業務提携、ノウハウや情報共有で引越事業拡大へ
    ☆三井不動産レジデンシャルなど3社、再配達削減目的にマンション内物流システム構築し横浜の物件に導入へ
    ☆LEVOは6月11日から低炭素ディーゼルトラック補助の公募開始
    ☆日野自動車がVolkswagenと戦略的協力関係の構築に向けた合意書に調印、幅広い領域における協業の可能性を検討
    ☆大和ハウスが千葉県市川市の自社施設でシェアリング倉庫オープン、先端技術の実証も
    ☆国交省が「港湾に立地する物流施設の再編・高度化に対する補助事業」の公募開始、5月11日まで
    ☆物流連が懇談会開催、中谷日立物流社長が講演で自社のスマートロジスティクス紹介
    ☆東ト協がベストドライバーコンテストの参加受け付け中、交通安全モラル醸成へ

今週のユソー編集室

  • ▼自工会が先日発表した2017年度の乗用車市場動向調査によれば、20代以下の社会人の50%超が「お金がかかる」ことなどを理由に、車の購入に否定的だという。
    ▼直接の関係はないかもしれないが、若年ドライバーの確保に頭を悩ませるトラック運送業界にとって、若者の車離れはあまり喜ばしいニュースとは言えない。
    ▼一方でソニー損保が本年1月に発表した調査によれば、新成人の50%超が車の購入予定または購入意向があり、車について40%超が運転そのものや家族・恋人との時間を楽しむものと捉えている。車離れなどと嘆かず、運転の楽しさを知ってもらい、ドライバー職を志す若者が増えてほしい。