物流・輸送の専門紙、輸送新聞はこれからも輸送産業の発展に貢献してまいります。

文字サイズ

新型コロナウイルスへの対応について
当社では、新型コロナウイルスの感染拡大防止の観点から継続して一部業務体制を縮小しております。読者並びにお問い合わせの方々には、引き続きご迷惑をおかけしてしまいますが、何卒よろしくご了承のほどお願い申し上げます。

注目の動画記事

今週掲載トピック一覧

  • ☆四文字『高速で大量「成長発展」』
    ☆ウォッチ(113) 『新発展局面形成における中国の「現代流通体系」への取り組みの加速』

  • ☆米国日通がシカゴ近郊に大型倉庫着工、来年1月の竣工に合わせ本社移転
    ☆全ト協・日貨協連、9月のWebKIT成約運賃指数の前年同月比は13ヵ月連続前年割れ
    ☆労政審専門委、改善基準告示見直しへ実態調査の内容決定
    ☆日通労連が全日通霞が関ビル会議室とオンライン参加のハイブリッド方式で定期大会を開催
    ☆日本郵便が日本初の配送ロボット「デリロ」の公道での実証実験公開、3年後の実用化へ
    ☆日通総研が「2020年度の経済と貨物輸送の見通し」改訂版発表しリーマンショック以上の落ち込みと予想、経済に大きなダメージ
    ☆YSDが12月1日から「マルチバリューチャージサービス」導入希望者向けに専用ウェブサイト提供
    ☆国交省が第4回総合物流施策大綱検討会、関係者ヒアリングで標準化の要望多数
    ☆物流連が懇談会開催、深山F-LINE社長がビジョンなど語る
    ☆日立物流がSSCVの事業化へプロジェクト発足、グループにも提供
    ☆国交省が「食品等の流通合理化に向けたセミナー」を開催、貨客混載など紹介
    ☆日通総研が「ろじたんフォーク」の機能を大幅に向上と発表
    ☆千葉県適正化実施機関、DE評価5ポイント減少しAB評価6割に
    ☆日通が引越HP・単身パックの料金検索機能を追加、別送品・割増も
    ☆日本郵便が「クロネコDM便」の一部地域での配達業務を受託へ
    ☆日通・東アジアブロック地域総括が上海市政府から「白玉蘭記念賞」受賞
    ☆日通所属プロゴルファー原英莉花選手が国内メジャー初制覇
    ☆国交省が「運輸事業の安全に関するシンポジウム2020~自然災害時の事業継承を考える~」開催
    ☆日通が成田物流センターで非常用電源を拡充

今週のユソー編集室

  • ▼先日開かれた「食品等の流通合理化に向けたセミナー」では、手荷役が多く荷待ち時間が長い傾向にあるとされる農水産品の物流に関する共同化や貨客混載などの取り組みが紹介された。
    ▼既存のシステムを活用しながら少しだけ視点を変え、輸送・荷役の方法を工夫したり、地域・異業種の関係者を巻き込むことで効率的で持続可能な物流の実現につなげているところが興味深い。
    ▼日用雑貨品と花を組み合わせた輸送の事例では、空車距離を減らすことで積載効率が飛躍的に向上したが、実現のカギは「出会い」だったという。普段交わることの無い異業種の物流担当者同士の出会いの場がもっと増えることを期待したい。