物流・輸送の専門紙、輸送新聞はこれからも輸送産業の発展に貢献してまいります。

文字サイズ

新型コロナウイルスへの対応について
当社では、新型コロナウイルスの感染拡大防止の観点から、勤務体制を一部変更しております。読者並びにお問い合わせの方々には、引き続きご迷惑をおかけしてしまいますが、何卒よろしくご了承のほどお願い申し上げます。

ユソー新聞電子版ご案内 ユソー新聞電子版ご案内

注目の動画

今週掲載トピック一覧

  • ☆ウォッチ(133) 『中国の「全国統一大市場構築の加速」を読み解く』

  • ☆NXHDがシンガポールに海運フォワーディング事業の強化目的に新会社を稼働
    ☆セイノーHD・ラクスルがオープン・パブリック・プラットフォーム実現の新会社「ハコベル」設立へ
    ☆通運連盟が通常総会開催、コンテナ増送に向けしっかりと議論を
    ☆JILSが定時総会で新会長に大橋氏選任、共創の重要性強調
    ☆神奈川ト協・神貨協連が燃料価格高騰・高速料金値上げによる経営危機突破に向け決起大会
    ☆告示見直し作業部会、荷主への改善要請など厚労省が対応案示す
    ☆JR貨物がグループ社長会議、強靭性と商品性向上をスピードアップして取り組む
    ☆日立物流、鉱山機械サービス部品のグローバル供給に向けて茨城県で新拠点稼働
    ☆三菱倉庫がハコブと輸配送に伴うスコープ3CO2排出量の可視化に向けた実証実験
    ☆三井化学が三井倉庫HDと協業し自社製品の過去3年分の国際輸送により発生したCO2排出量見える化
    ☆KWEが航空・海上輸送を行った際に排出されるCO2を自動算出するシステムを公開
    ☆カンダHDが新中計をオンライン配信、最終年度に売上高520億円へ
    ☆JIFFAが通常総会、渡邊会長を再任
    ☆JILSが最優秀物流改善賞にNX・NPロジスティクスなど3件選出
    ☆千葉ト協が通常総会で池田新会長選任、角田会長は顧問に
    ☆全通連が全国大会開催、JR貨物と一致協力しさらなる発展目指す
    ☆神奈川ト協が通常総会、第4期吉田体制スタート
    ☆小瀬関運局長が会見、コロナ収束見据え労働条件改善は急務
    ☆ワンビシアーカイブズが電子契約・契約管理サービス「WAN-Sign」を本年末に総合行政ネットワークに対応へ
    ☆国交省・経産省・農水省が共同で国際物流に関する情報共有会合開く

今週のユソー編集室

  • ▼政府の規制改革推進会議は先月行った答申で、ラストワンマイル配送の充実化に向けて、貨物軽自動車運送事業における軽乗用車活用の検討を盛り込んだ。
    ▼EC需要の急拡大により、ラストワンマイル配送網の負担が増大しているのは事実であろう。だが、軽貨物車に限定されている現状においても、個人事業主として労働基準法の対象外となっていることなど問題点は多い。
    ▼13日にはアマゾンの配達員が労組を結成した。委託元の個人事業主に対する優越的地位の濫用が一般化しつつある中で「運べないリスク」を逆手に取った規制緩和が、果たして本当に持続可能な社会をもたらすのか、どうしても疑念はぬぐえない。