物流・輸送の専門紙、輸送新聞はこれからも輸送産業の発展に貢献してまいります。

文字サイズ

新型コロナウイルスへの対応について
当社では、新型コロナウイルスの感染拡大防止の観点から、新聞発行体制および勤務体制を縮小しております。読者並びにお問い合わせの方々には、引き続きご迷惑をおかけしてしまいますが、何卒よろしくご了承のほどお願い申し上げます。

ユソー新聞電子版ご案内 ユソー新聞電子版ご案内

注目の動画記事

今週掲載トピック一覧

  • ☆各界年頭あいさつ
    ☆経済と物流の表裏分析(29)『製品価格の値上げは物流コスト上昇のせいか』

  • ☆斉藤国交大臣が新春インタビュー、中小企業の物流DX推進へ後押しする姿勢示す
    ☆JP楽天ロジが都心部高層マンション屋上に完全自動飛行で配送、ドローン実証実験
    ☆岸田内閣が価格転嫁円滑化に向けた施策パッケージ決定、標準的な運賃の導入促進など盛り込む
    ☆トナミ運輸が濃飛倉庫運輸と名古屋の施設の賃貸借契約を締結し協業開始
    ☆JR貨物真貝社長が長期ビジョンに盛り込んだ社会に対して行う物流生産性向上などの取り組み加速化を強調
    ☆国交省、機器による遠隔点呼7月から実施可能
    ☆全ト協・日貨協連、12月のWebKITは求車登録が前年同月比3割増
    ☆セイノーHDが新年互礼会開く、2022年のスローガン「新成」の意味胸に刻む
    ☆センコーが三菱商事のレンタル・EC商品の返却物流を受託
    ☆アートが新テレビCM「ミライ」編放送、次世代オンライン見積もりなどアピール
    ☆JR貨物が新年互礼会を開催、感染対策で2部制に

今週のユソー編集室

  • ▼予想された新型コロナウイルスの「第6波」が急速に広がりつつある。
    ▼感染の波が来るたびに、宅配をはじめとする物流の重要性が叫ばれるが、2868号1面で報じたように、一部の消費者による「カスタマーハラスメント(カスハラ)」が、配達員をはじめとするエッセンシャルワーカーを悩ませている。
    ▼感染のリスクと闘いながら荷物を届けた先で心無い仕打ちを受けるのでは、あまりにもやりきれない。
    ▼ただでさえ人手不足の進む物流業界にあって、カスハラを契機に離職する人が増えれば、すでに社会インフラとなった観のあるEC宅配すら崩壊しかねないということを、全ての消費者は知る必要がある。