物流・輸送の専門紙、輸送新聞はこれからも輸送産業の発展に貢献してまいります。

文字サイズ

新型コロナウイルスへの対応について
当社では、新型コロナウイルスの感染拡大防止の観点から、新聞発行体制および勤務体制を縮小しております。読者並びにお問い合わせの方々には、引き続きご迷惑をおかけしてしまいますが、何卒よろしくご了承のほどお願い申し上げます。

注目の動画記事

今週掲載トピック一覧

  • ☆特集・秋の全国交通安全運動
     インタビュー―国交省自動車局安全政策課長・石田勝利氏

  • ☆ヤマト運輸労組が定期大会開催、森下委員長が「労働環境と引き換えの低料金の競争終わりに」と訴える
    ☆日通が10月1日付で組織改正、日本事業本部にロジスティクス部を新設
    ☆JR貨物、8月の豪雨災害で発生した山陽線・中央線などの不通は代行で輸送力10%カバー
    ☆日通商事大阪支店・損保ジャパン、大型トラックの巻き込み事故防止について業務提携し新サービス発売
    ☆JR貨物が日本山村硝子と業務提携し植物工場事業へ進出、合弁会社を設立
    ☆ヤマトHDが東京オリ・パラ大会期間中の輸送の完遂を報告、特設サイト更新
    ☆千葉適正化実施機関、Gマークの認定進み会員取得率9割超え
    ☆日貨協連がWebKIT2を来年5月機能拡充へ、標準的運賃連係など新機能追加へ
    ☆物流連が環境対策委員会を開催し「物流分野における低炭素・脱炭素化推進に向けた情報交換会」の立ち上げ承認

今週のユソー編集室

  • ▼秋の交通安全運動が、明日から全国で始まるが、日本損害保険協会はこのほど、2020年の全国交通事故多発交差点マップを公表した。
    ▼全国の地方新聞社の協力を得て同協会がまとめたもので、人身事故件数が最も多かった交差点は、大阪市中央区の法円坂交差点と、福岡県筑紫野市の針摺交差点で、どちらも22件発生したという。
    ▼また、20年の都道府県別飲酒運転事故(原付以上の第1当事者による事故)の状況では、運転免許保有者10万人当たりの飲酒運転事故件数ワースト1は徳島県となっている。
    ▼こうしたデータも活用して、トラック運送業界にとっても悲願と言える、事故ゼロの達成を目指したい。