物流・輸送の専門紙、輸送新聞はこれからも輸送産業の発展に貢献してまいります。

文字サイズ

ユソー新聞電子版ご案内 ユソー新聞電子版ご案内
電子版ご購読者さまの閲覧はこちらから

注目の動画

今週掲載トピック一覧

  • ☆特集-物流業界の安全・環境対策
     ・国土交通省
     ・全日本トラック協会
     ・環境優良車普及機構(LEVO)
     注目の安全・環境機器
     ・矢崎エナジーシステム―YDX-8
     ・ナブアシスト―「点呼+(プラス)」シリーズ
     トラック協会の助成制度
     ・東京都トラック協会
     ・埼玉県トラック協会
     ・千葉県トラック協会
     ・神奈川県トラック協会

  • ☆物流連24年度定時総会、役員改選で副会長4人を新任するとともに新理事長に河田守弘氏を選任
    ☆運輸労連定期大会、一時金の年間要求額30年ぶりの増額など24年度運動方針を決定
    ☆SGムービング、EVトラックも利用可能な商用車向け共用充電ステーションの実証実験に参画
    ☆鴻池運輸・サントリーHDなど4社、ダブル連結トラックを活用した異業種製品の往復輸送を開始
    ☆日本通運、兵庫県尼崎市に「NX尼崎港危険物倉庫」を新設し12月中旬から稼働へ
    ☆NXドイツ、スロバキアで開催された絵画展に岐阜県の小学生が描いた桜の絵画25点を輸送
    ☆物流連が第25回「物流環境大賞」表彰式を開催、真貝会長が受賞企業60社に表彰盾を授与

今週のユソー編集室

  • ▼厚生労働省は先月末、2023年度の過労死等の労災補償状況を公表したが、依然としてトラック運送業界に厳しい結果となった。
    ▼脳・心臓疾患の労災補償状況を見ると、道路貨物運送業の請求件数は171件の22年度比28・6%増、支給決定件数は66件の32・0%増となり、どちらも業種別でダントツのワースト1で、この傾向は以前から変わらない。
    ▼心配なのは請求・支給決定の増加率が、いずれも全体の増加率を上回っていることだ。ドライバー不足がさらなる労働環境の悪化を招き、求職者の減少につながるといった負のスパイラルを断ち切るために、長時間労働改善の必要性は、かつてないほど高まっている。